花子のあれこれ

ひとりごと

大丈夫

f:id:maktoob:20190603142206j:plain

 

大切な人がこの世界からいなくなったときの感じっていうのは

体験した人にしか分からないと思うのだけれど

どんなに寄り添っていても

あの心臓の痛みは分からないと思うのだけれど

 

分かる分からないではなくって

人肌の温もりで少しほっとしたり

胸を借りて思いっきり涙を流したり

自分の気持ちを話しながら整理したり

 

あの人の空間が埋まることはもうないけれど

そうやってあの人がいない時間を過ごしていって

気づいたらそのことを受け入れられるようになっていたりする

 

食べ物の味がしない感じ

歩いていても地面が感じられない感じ

 

自分で何とかしようとすればするほど苦しくなる

頭を使えば使うほど暗闇が膨らむ

 

でも、わたしはいま

悲しい、寂しい、苦しい、不安ですって認めて

たっぷり時間をかければ消化できる

 

あの人が、

自分がいなくなった後の世界をどう望んでいたか

それだけを忘れないように気をつけていれば

大丈夫なんだと思う