花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真

マラケシュで食べたいローカルフード!

ロッコ料理といえば、タジン鍋やクスクス、モロッカンサラダなど美味しいものたくさん!

 

だけれどそれらは主にレストランで出される料理でまぁまぁなお値段がします。たまに庶民派食堂で見つけるけれど、タジン鍋だけズバ抜けて高かったりします。よって毎食というわけにもいかないし。モロッコ料理、正直ひと通り食べれば満足( ˘ω˘ )

 

ということで、ほとんど毎日ローカルフードの食事で過ごしていたのですが、どれを食べても激安なのに美味しいんです!

 

特に気に入っていたのが、マラケシュのジャマエルフナ広場からすぐにある、こちらのおじさんが作るローカルフード。

パンにジャガイモとゆで卵を大量に突っ込んで、オリーブオイルを大量にかけて、お好みで塩を振って食べる。超シンプルだけど超美味しい!そして満腹。

f:id:maktoob:20190710074149j:image

テイクアウトもできるし、座って食べることもできます。その場で食べているとおじさんとお話ししながらの食事で実に愉快。

 

どうやら地元民にも人気みたいでお客さんがずーっと絶えません。そして食べている途中で売り切れました!

今日はもう終わりだからティータイムだ、と言ってどこかに消えたおじさん。戻ってくるとミントティーカップがふたつ。

サービスで出してくれましたーーーー♡

お茶していると日本人が通りかかって、ここ美味しいですよねーっおじさんめっちゃいい人ですよねーって意気投合。

f:id:maktoob:20190710074406j:image

英語があまり喋れないおじさんだけど、インスタの写真を見せてくれたり、ボディーランゲージも使って楽しいティータイムを過ごせました!

今回のモロッコ旅行で出会ったひとのなかで1番紳士的だったなぁ。

フェズの悪夢があってからはモロッコ人がとにかく全員怖かったけれど、ステキなモロッコ人もいるんですね。

こういうきちんとしたモロッコ人は、クレイジーピープルのせいで悪いイメージが定着してしまっていることを悲しんでいます。

基本的にイスラム教のひとたち、ピュアで世話焼きで、家族をとても大切にするステキなひとたち。

クレイジーピープルがどうか減ってくれれば良いなと願います。

 

さてさて、

こちらのお店は看板無し、お店感無し、無くなり次第終了なので出会えない日もありました。

だいたいの位置がこちら↓

f:id:maktoob:20190710074206j:image

ジャマエルフナ広場のカフェドフランスを目印に細い路地を入ります。左手のさらに細い路地に入るとすぐ。

f:id:maktoob:20190710074157j:image

パンとジャガイモと卵が見えたらそこがお店!

 

花子