花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真

奄美大島、加計呂麻島の植物5月編

こんにちは、花子です。

 

亜熱帯気候の奄美大島加計呂麻島

道端、浜辺、森、島のあちこちに関東では見られない植物が見られるので、気づいたらフォトアルバムには植物の写真がたくさん。

中には体に良い野草や、海遊びに使える葉まで!

知っておくと得する!ディープに楽しめる!

島の植物5月編をまとめました。

 

奄美大島加計呂麻島の植物5月編

f:id:maktoob:20190527132459j:image

長命草

美容健康食品として、サプリメントやドリンクでも販売されている長命草ですが、島では海の近い岩場に生い茂っています。

香草のような独特の香りがあり、天ぷらにして食べるのがメジャー。特に新芽が柔らかくておいしい。

旅行者のわたしは天ぷらにするすべが無かったので、カレーに添えたり、鯖味噌缶と一緒に火を通したりして楽しみました!

f:id:maktoob:20190527113514j:image

こちらが新芽⬇︎

f:id:maktoob:20190527113259j:image

 

ヤンバルセンニンソウ

白くて小さい花がかわいい!道端、草むらなど、散歩中に発見。春から夏にかけて花を咲かせます。

f:id:maktoob:20190527113228j:image

 

クマタケラン

こちらも白い花。花の中側は赤と黄色で、月桃によく似ています。わたしの身長(155cm)ほどまで背丈がありました。
f:id:maktoob:20190527113250j:image

 

月桃

またまた白い花ですが、中から赤と黄色の花びらが出てきて神秘的。島のいたるところに見られてとても美しく目を引きます。

クマタケランにそっくりで、こちらもかなり背が高く伸びます。

f:id:maktoob:20190527115530j:image

青空に映えます
f:id:maktoob:20190527115526j:image

 

コンロンカ

別名ハンカチの花として園芸用にも用いられる花。葉のような白い花びらが目立ちますが、よく見ると黄色い星型の小さな花がかわいい。f:id:maktoob:20190527113334j:image

 

デイゴ

5月はちょうど開花時期。真っ赤で、大きくて、独特な形状の花が咲くため、亜熱帯気候感が満載!

加計呂麻島、諸鈍の浜辺には樹齢約400年のデイゴ並木があり観光スポットにもなっています。
f:id:maktoob:20190527113222j:image
f:id:maktoob:20190527113432j:image

 

クロトン

亜熱帯気候でよく見られるクロトン。個体によって色、葉脈、葉の形などが違うので、見比べるとおもしろい。わたしの大好きな植物!

オレンジ多め⬇︎

f:id:maktoob:20190527113231j:image

ピンクでややカール⬇︎
f:id:maktoob:20190527113243j:image

細くてストレート⬇︎
f:id:maktoob:20190527113237j:image

 

グンバイヒルガオ

砂浜に咲くアサガオの仲間。葉の形が、行司が持つ軍配に似ている。太陽に向かって花を開く姿がかわいい!

本土への持ち込み禁止植物に指定されています。

f:id:maktoob:20190527113235j:image
f:id:maktoob:20190527113240j:image

 

ガジュマル

幹や枝から根が出て、下へと垂れ、自分の幹に絡みついていく不思議な木で、成長した根はアスファルトを突き破る威力がある。大きいものは数十メートルの高さになり圧巻の迫力があります。

奄美大島に伝わるケンムンという妖怪が棲みつくといわれる木。
f:id:maktoob:20190527113309j:image

 

アダン

はじめて見たときはパイナップルかと思いました。よく「パイナップルだー!」と写真を撮っている方も見ます。

黄色くて美味しそうですがアダンの実は食べられません!昔は食べるひともいたそうですが、かなり繊維質で食用には適さないそう。

浜辺に力強く根を張り、津波や飛砂害から集落を守ってくれます。

f:id:maktoob:20190527123418j:image

根元は、ヤドカリなど浜辺の生き物の住処。
f:id:maktoob:20190527123414j:image

 

オオイタビ

すももかな?プルーンかな?なんだかおいしそうな実がなってる!と手にとって皮を剥いてみたけれど想像とちがいました。食べられないそうです。

壁や木の幹に張り付き成長するツル科の植物。

f:id:maktoob:20190527131217j:image

 

シダ植物

ザ、亜熱帯!ジャングル感!

川の近くなど湿度の高い場所に多く見られました。岩場にいたり、木の枝に寄生していたり、生命力を感じます。

f:id:maktoob:20190527113225j:image

 

クサトベラ

浜辺によく自生しています。ツヤツヤで楕円形の大きな葉っぱは、潰してエキスをシュノーケルマスクに塗れば、天然のくもり止めになる優れもの!

テッポウユリ

またまた白い花。ラッパのような形が存在感たっぷりで、緑の中に目立っています!蝶や蜂がまわりに集まっていました。

⬇︎テッポウユリが2輪
f:id:maktoob:20190527113256j:image

曇り止めのクサトベラ⬆︎

 

旅の最初から植物にフォーカスしていたら、もっとたくさんの出会いがあったのかも。あとから時計草という変わった花の存在を知って悔しい思いをしています。

次の旅の楽しみができました!

 

花子

 

加計呂麻島の過去記事

加計呂麻島への行きかた - 花子のあれこれ

加計呂麻島はこんなとこ/7月 - 花子のあれこれ

加計呂麻島はこんなとこ/10月 - 花子のあれこれ

加計呂麻島のゲストハウス“KAMUDY” - 花子のあれこれ

加計呂麻島のジャムとパンのお店”marsa” - 花子のあれこれ

加計呂麻島のカフェ”tiki coffee” - 花子のあれこれ