花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真、現在タイ旅行中

スコータイ 〜 アユタヤへ

こんにちは!花子です。

 

スコータイの旧市街地に広がる遺跡は感動的なものでした。それぞれの遺跡の説明、タイ語と英語ではさらっと書いてあったけど日本語はもちろんなかったので、完全には理解できず...。

まず自分の英語力にがっかり。

f:id:maktoob:20190309125725j:image

とにかく昔の人たちが作ったものが残されている貴重な遺跡だなというのは見ただけで分かります。

気持ちが「すーーん」となります。←わかるかな汗

 

さて、スコータイの観光は1日で完了しました!到着日も合わせて2泊あればちょうどいい感じ。

 

次はアユタヤの街を目指します!

アユタヤもスコータイと同じく遺跡巡りが目的ですが、スコータイよりも街が栄えていて、タイといえばコレみたいな有名な遺跡もあるので観光客がたくさんいます。

 

スコータイからアユタヤへ

【7:50〜たくさん運行  275バーツ  6〜7h】

f:id:maktoob:20190309134234j:image

スコータイの新市街地にあるバスターミナルから各地へのバスが運行されています。

アユタヤはバンコク方面に行くバスの途中で降りる形になるそう。バンコクへのバスは朝の7:50始発で、そのあと15分〜30分おきくらいにたくさん運行されています。なんとなく行けばどれかに乗れるという今までに無い安心感♡

 

朝早く目が覚めてしまったので、始発の7:50に乗りました。ここから色々びっくり。

まずシートがフカフカで今までと比べて広め!添乗員さんの対応がめちゃくちゃ丁寧!そしてミネラルウォーターとコーヒー(インスタント)とクッキーが配られました。

何故!?!?!?笑 (・∀・)

バスの後方にはトイレもあるからVIPなバスなのかなぁ。謎は解けないままです。笑

 

途中で休憩所のような所に停車。バスが快適だったので私はバスの中で待っていたら添乗員さんが声をかけてきました。

「チケットとインスタントコーヒー持っておいで!」

ついていくとお湯コーナーがあって、ここでインスタントコーヒーが作れました!なるほどね!最初に配られてからお湯はどうするんだろうとずっと疑問でした。笑

さらに肉まんコーナーがあって、チケットの半券と肉まん2個がノーマネーで交換できるよ、と。

 

肉まんとコーヒーをゲット。時間は11:00頃だったのでおやつタイムか早めのお昼ご飯かな。

 

添乗員さんありがとう!!!

タイのひとって基本的にみんな優しいんですよね♡

 

まぁ、もちろん騙されたりすることもあるそうなので気を抜かず、が前提としてありますが!

 

バスにトイレが付いているので、今までのようにトイレ休憩はありませんでした。

 

6時間ほどで広ーい道路の脇に停車。さきほどの添乗員さんがアユタヤだよ!とわたしに声をかけてきました。

え!?(・∀・)

バスターミナル的なところではなく大通りにぽつん。

えええ!?( ゚д゚)

とキョロキョロしていたらバイクタクシーの乗り場がすぐ側にありました。

こ、これに乗るしかないよね (T_T)

 

重いバックパックを背負っていたのでバイクはちょっと不安でしたが、宿まで100バーツで無事に到着。

 

バイクタクシーは初挑戦だったので、100バーツが普通なのかぼったくられてるのかよく分かりませんでしたが、とりあえず早く宿に着いて落ち着きたかったので100バーツでオッケーと交渉完了。

 

アユタヤ行きのバスは変なところで降ろされる。

 

まぁ、そこからはバイクタクシーかトゥクトゥクを拾ったりなんかすれば良いだけなので、そんなに大変なことでは無いのですが、知らないとビックリすると思います。笑

 

アユタヤへバスで向かう方は要注意!

 

しかしアユタヤの遺跡は、これはこれはスコータイと同じく感動的でした。観光客がとても多い街ですが、人が集まるのが分かります。タイの学生やボーイスカウトのような子供たちも団体で勉強に来ているようでした。

f:id:maktoob:20190309134336j:image

 

アユタヤは、昔の水上マーケットを再現した施設や象乗りも有名です。

f:id:maktoob:20190309134556j:image


f:id:maktoob:20190309134523j:image

 

スコータイからアユタヤへ、バスの行き方でした。

 

花子