花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真、現在タイ旅行中

はじめての瞑想

こんにちは、花子です。

 

世の中、瞑想ブームが続いているようですね。有名なスポーツ選手やビジネスマンなどはみんな瞑想を生活に取り入れてるとか。最近では新宿のオフィス街に瞑想専門スタジオができたとか噂を聞きました。

 

f:id:maktoob:20190204233633j:image

瞑想とは、自分と向き合う時間

多くのひとが「心を無にする」イメージを持っているのかな。

 

だとしたら、わたしには瞑想は不可能。考えるな考えるな、って考えちゃいます。あー考えちゃってるじゃん。って考えてます。

 

ヨガ講師を含め、心を無にできたことあるひとなんていないだろうな。ティンシャの音とか雰囲気で、なんだかできたような気がするってだけで実際は無理だろう、人間だもの。

できるなんて言うやつは胡散臭いなぁ。

 

そのうち足が痛いなーとか、おでこかゆいなーとか。あ、あれやるの忘れてたー!って急に思い出したりして気になっちゃって。頭の中が忙しいです。

 

まぁでも、その考えちゃってる状態も良しとして、頭の中が忙しい自分を受け入れて遠くから見守る感じとか。

眠たくなってきたら、あぁわたしはいま眠いんだな、寝不足なんだな、って気付いたりとか。

そんなのも瞑想として良いのだとか。

 

だとしたら、わたしでも瞑想はできると思いました。それなら誰でもできますよね!瞑想へのハードルが下がりますよね!

 

f:id:maktoob:20190204233816j:image

とりあえず目を閉じてみよう

瞑想のハードルが下がったところでやってみました。まず長時間おなじ姿勢で座っていることが難しいと気づきます。瞼が開きそうになったり、鼻を掻いたりして落ち着きません。

初回の感想は「わたし瞑想に向いてないよ (°_°)」

 

ベスポジを探そう

最初わたしが落ち着かなかったのは、からだが安定した状態になかったから。なので、クッションや座布団などを使って自分がいちばん心地よい座り方を探します。

座るのがつらいという方は、仰向けに寝転んでも良いでしょう。実際、寝たまんまヨガという瞑想アプリがあるくらいです。

 

睡眠&リラックススマホアプリ「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」についてwww.studio-yoggy.com

 

瞼が開きそうになる場合はアイマスクをしても良し、寝転んでいる方はアイピローやタオルを乗せても良しですね。

半眼という、少し目を開ける方法もあります。

 

自分がいちばん心地よいベスポジを見つけられれば、瞑想も楽になります。

f:id:maktoob:20190204234300j:image

だからヨガするのか!

からだを動かすヨガは、瞑想のために生まれたものです。現代ではスポーツとして、ダイエットとして、という目的になっていますが、インドでヨガが生まれた本来の目的は瞑想のためにより長く座れるからだを作るため」でした。

 

ヨガによってからだはほぐれていき、柔軟になり、力強く使えるようになるため、長時間の座位でも負担がかからず、瞑想が可能となるのです。

 

ということで、瞑想の前にはヨガやストレッチなどで軽くからだを動かしてからの方が集中しやすくなります。

 

f:id:maktoob:20190204234704j:image

ムードを作る

部屋の明るさ、アロマやお香などの香り、心地よいBGMなども瞑想に影響してきます。環境を整えることも大切。

 

_____瞑想におすすめのBGM_____

 

_____瞑想におすすめのアロマ_____

ニールズヤード レメディーズ ブレンドエッセンシャルオイル ウーマンズバランス5ml

ニールズヤード レメディーズ ブレンドエッセンシャルオイル ウーマンズバランス5ml

 
ブレンド精油 ナチュラルフォレスト10ml

ブレンド精油 ナチュラルフォレスト10ml

 
メドウズ シナジー マッスルスーズ 10ml

メドウズ シナジー マッスルスーズ 10ml

 
メドウズ シナジー リバタライズ 10ml

メドウズ シナジー リバタライズ 10ml

 

生活の木」ではメドウズなど様々なアロマオイルが取り扱われていて、香りを試すこともできるのでお近くにお店があればぜひいちど、足を運んでみてはいかがでしょうか。

f:id:maktoob:20190204235408j:image

瞑想をやってみて

回数を重ねていくうちに、自分と向き合う静かな時間がたまらなく心地よいものになって来ました。頭を真っ白にすることは一度もできませんし、できたらそれはもう悟っているレベルではないかと。笑  普通にはできないことだと思います。

もはや目的は「心を無に」ではなく「自分と向き合う」です。

おそらくスポーツ選手もビジネスマンも、自分と向き合う、この静かで特別な時間を持ったことで、冷静に課題に向かって行けたりだとか、客観的に自分を見ることができて何か気づいたのではないかな、と思いました。

 

ほんの10分だけでも、この特別な時間を持つことでリフレッシュできる気がします。向き不向きはあると思いますが、やってみる価値はかなりあると感じました!

 

朝イチや寝る前、仕事の休憩でも、瞑想を取り入れてみてはいかがでしょうか (^^)

 

花子