花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真

断捨離はクセになる

こんにちは、花子です。

 

ここ1年ほど、ユル断捨離がたのしくてしかたないわたしです。

 

それ、本当に必要?

以前から物は少ないほうですが、もう何年も使っていないものを仕分けし始めたら大量大量!いつか使うかもってやつは、結局一生使わないのです。

 

さらに、使っている物もほんとうに必要かどうか考えた結果、実は無くても大丈夫だったものがたくさんありました!

例えば自分の部屋のテレビ。癖でつけていたけど見ているわけではないし、見たい番組も特にないし、ということで丁度テレビが壊れていた友達に譲りました。

テレビが無くなってからなにひとつ不自由ありません。むしろ部屋が広くなったので趣味の観葉植物コーナーを増設できてよかったです(^^)

f:id:maktoob:20190201004342j:image

でもまだ使えるなぁ

わたしの断捨離は、ほとんどゴミとして捨てません。テレビのように友達に譲ったり、使えるものはリサイクルショップや古着買取、最近はメルカリをよく利用しています。

まだ使える物をゴミにしてしまうのはわたしにはできなくて、「物を大切にする」というのは大好きな祖父から教えられたこと。借りたものは返すくらいにずっと当たり前のことでした。

 

売れないものは寄付をしたり、寄付もできないようなものは何かで使い切ってから捨てます。

たとえばボロボロの衣類は小さめに切って雑巾にしたり、柴子のシャワー後のタオル代わりに使ったり(毛だらけになるので)、シンクやトイレなどの汚れを取ってそのまま捨てられたり、使い道はたくさんあります。

 

ちょっと考えてみると、ゴミってあんまり無いんです。再利用して、再々利用くらいして、やっとゴミになります。

 

このあいだ、お笑い芸人たんぽぽの白鳥さんが、1度使ったラップを洗って再利用していたのを見たのですが、そのVTRを見ている芸能人がみんなびっくりしていることにびっくり。

それ、まだまだ使えますよね!って白鳥さんと握手したいと思いました。

ラップとしても、シンク掃除やタワシの代わりにも。油でギトギトでなければ再利用できます!

.....すこし話が逸れました。

f:id:maktoob:20190201004605j:image

 

家が片付いて清々しい

余計なものが少なくなると、収納スペースに余裕ができるので「パンパンで取り出すのもしまうのも大変〜(´・_・`) 」なんてことがなくなり、作業効率が上がります。

おそらく、家が片付かないとか、散らかりがちなのって、収納が足りないからだと思うのです。余計なものを処分すればラクラク片付けができるので、散らかることも無くなるのではないでしょうか!

 

スペースに余裕があると、掃除がしやすくホコリなどがたまりにくくなり衛生的

 

そしてどれを使おうか、何を着ようか、選択肢が少なくなると迷う時間が減るので時間に余裕もできちゃいます。

 

風通しが良くなって、家全体が清々しい!

f:id:maktoob:20190201004718j:image

 

超気持ちいい!

そうなってくると、断捨離が楽しくてしかたなくなります。部屋に来た友達から「ミニマリストになるの?」って聞かれましたが、そこまで徹底するのはわたしにはできないかな...

でも家や部屋が片付いているのって気持ち良いし、とても居心地が良いのです。

超気持ちいい!が勝って「いつか使うかも」という気持ちがなくなってきます。

 

とくに働く世代は、仕事の疲れを家でリセットすることが大切。家の環境が整っていれば帰宅後のリラックスタイムも充実したものになるでしょう♫

f:id:maktoob:20190201004953j:image

 

さいごに

わたしの断捨離は、はじめにユル断捨離と申しました通り、わりとゆるめかなーと思います。

本格的にやっている方は「必要最低限のもの」のレベルがもはや違うと思うので、ちょっと家を片付けたいなぁと思っている方、ユル断捨離ならスタートしやすいかなぁと思います。

 

 

 

はてなブログにて、参考にブログを見させてもらっている方がいらっしゃるので、ご紹介させていただきます。

 

日々ゆっくり、ゆったり さんwww.simple-life.fun

 

節約系ミニマリスト0.5 さんwww.rupannzasann.com

 

レッツ断捨離!

 

花子