花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真

御蔵島

こんにちは!花子です。

  

まだまだお正月気分ですが

今年実行予定の旅に向けて準備をはじめました!

 

そこで今回は昨年9月に行った

「御蔵島」の旅をご案内いたします!

 

f:id:maktoob:20181203180503j:plain

 

御蔵島といえば、野生のイルカが生息する島。

海に出ればイルカとの遭遇率99%!

 

ただし、

水族館などで訓練されているイルカとは違い

あくまでも野生なので、

一緒に遊んでくれる

人懐っこい群れに出会えるかどうかは運次第。

クールな群れはものすごいスピードで通過してゆきます。

 

シュノーケル上級者がどんなに頑張っても、

イルカに追いつけるわけがありません。笑

 

ドルフィンスイムを実施しているのは

3月中旬〜11月中旬。

 

空港がないので航路のみ。

東京の竹芝桟橋からフェリーで約7、8時間の船旅となります。

 

そして御蔵島周辺は潮の流れが速いので

フェリーが着岸できない可能性も非常に高いのです。

なので出航するときには必ず

条件付き(御蔵島に着岸できない可能性を覚悟してね)の乗船となります。

無事に着けるよう祈るばかりです。

 

 

御蔵島の旅で重要なのが...

 

1、宿の予約

テント泊など禁止されているので、

宿泊場所が決まっていないと上陸できません。

そして宿の数がとても少ないので争奪戦です。

宿でドルフィンスイムを手配してくれるところもあるので、

予約のときに聞いてみると良しです!

 

2、ドルフィンスイムの予約

個人でイルカと泳ぐことはできません。

必ずツアーに予約をして、

様々な注意事項など把握し

インストラクターの指導のもとイルカと泳ぎます。

こちらも定員があるので争奪戦です。

 

たしか...わたしは、

2ヶ月前に予約をしようとして

ことごとく満室満員で諦めかけて、

最後の1件に電話をかけたところが

ぎりぎりわたしと友人の分あいていた。

という感じでした。

焦ったー!

良かったー!

と万歳しました。

 

どうやら数ヶ月まえに募集をかけて

抽選を行っているところもありました。

 

上記2点ができていないと

フェリーに乗ってもなにもできません。

宿とドルフィンスイムの予約ができたら

フェリーの予約をしましょう!

 

わたしが行った9月末は

夏の繁忙期からずれていたからか

フェリーはかなり余裕がありました。

(フェリー橘丸は、三宅島や八丈島にも寄港するので御蔵島以外の観光客も一緒です)

毎日1便運航

夜22:30 竹芝桟橋発

朝5:30頃 御蔵島着

船酔い注意です。

こまめに酔い止めを飲んでください。

ふだん乗り物酔いしないわたしですが、

行きのフェリー

イルカの船

帰りのフェリー

ずーーーーっと船に乗りっぱなしなので

ずーーーーっと気持ちわるかったです。笑

酔い止め無効でした。涙

 

www.tokaikisen.co.jp

 

フェリー以外の手段では

八丈島か三宅島へ飛行機を利用し、

そこからヘリコプターという方法もあるそうです。

 

三宅島は御蔵島に近いので、

三宅島から直接ドルフィンスイムのツアーを

行っているところもあります。

御蔵島で満室満員の場合は、

三宅島からという手もあります!

 

 

そして水温が不安でしたが、

上下ラッシュガードでも平気なくらい温かかったです。

ただ、船に上がってイルカの群れを探している時間が寒かった!

友人は寒がりなので最初からウェットスーツを着ていました。

9月末に水着でそのまま、は無理ですね。

 

f:id:maktoob:20181203181740j:plain

 

次回は実際のドルフィンスイム体験記をご案内いたします!

はぁ〜イルカかわいかったなぁ〜♡

 

 

花子