花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真

お寺のお参り

こんにちは!

下の写真は鎌倉の市場(鎌倉市農協連即売所)です。

いろどり鮮やかな鎌倉野菜がたくさん!

 

今年はまだ鎌倉の紅葉に行けていない花子です。

f:id:maktoob:20181130131125j:plain

前回の、秋の鎌倉おすすめコースにつづき

お寺の参拝方法をご案内いたします!

 

とは言っても

とってもシンプルです。

 

合掌(手を合わせる)です。

 

ここでお願い事をするかたが多いと思うのですが、

基本的にお寺での参拝では、願い事ではなく感謝です。

 

いままでお守りいただいたご先祖様、仏様に、

ありがとうございます、とお伝えします。

 

もちろん、

家内安全、闘病平癒、発育増進、などなど

祈願することはまったく問題ありません。

 

が、

給料が上がりますように!とか

彼氏ができますように!とかは

なんだか.......という感じがしますね。笑

べつにダメでは無いと思いますが。笑

 

大事なのは感謝の気持ち。

 

いちばん注意してほしいのが

お賽銭を投げ入れてパン!パン!と手を叩いてしまうこと。

二拝二拍手一拝(二礼→パン!パン!と二拍手→一礼)は、

神社の参拝方法なのでお寺ではやりません。

 

お寺では、静かに合掌のみです。

 

なんだか、日本には作法というものが多くてややこしいですが

ある住職さんのお話しでは、

お寺でパン!パン!とやっているかたもいらっしゃるけれど

お参りしに来るということ自体がすでにすばらしいことなので

あんまり細かいことは気にしなくていいんじゃないかなぁと

おっしゃっていました。

 

さすが。達観していらっしゃる。

 

またお寺や神社によっては、

決まった参拝方法が受け継がれているところもあるので、

上記は最低限の基本としておぼえておくと良いかと思います。

 

願い事に関して、

神社で何かにご利益のある神様を祀っているところでは

たとえば縁結びの神様であれば、彼氏がほしい!

とお願いするのは当たり前ですよね!

 

ということは

お寺なのか、神社なのか、

参拝する前に知っておきたいところ。

 

ここでもやもやしてくるのが

お寺と神社ってどうちがうの?

だと思います。

 

お寺は仏教

お坊さん、ご先祖様の供養、法事、お葬式、お墓、仏像がキーワードとなります。

起源はインドのお釈迦様と言われ、

〇〇寺、〇〇院という呼ばれ方はお寺です。

なんと日本にはコンビニよりもお寺の方が数が多いのです。

 

神社は神道

神様、神主さん、巫女さん、鳥居、神様を祀る儀式がキーワードとなります。

「八百万(やおよろず)の神」は、一度は聞いたことがありますよね!

そのように様々な神様を信仰しています。

〇〇宮、〇〇大社という呼ばれ方は神社です。

 

このように宗教、信仰がまったくちがうのです。

 

前回のブログ、北鎌倉のなかでは

円覚寺、明月院、建長寺、浄智寺、東慶寺はお寺。

鶴岡八幡宮は神社です。

 

もやもやが少しでも晴れると良いのですが...

いかがでしょうか?

 

もし説明に不足があれば

わたしの分かる範囲でお答えできますので

コメントくださいませ!

 

それでは

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました【合掌】

 

花子