花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真、現在タイ旅行中

ミシンの秋

こんにちは!

寝違えて首が大変なことになっております。花子です。

 

f:id:maktoob:20181126131119j:plain

 

 

先日からなんとなく秋シリーズになっていました。

今回はミシンの秋

 

小学生のときに学校の家庭科でミシンを習ったとき、

これはたのしい!と思いました。

まわりのみんなが扱いに悪戦苦闘して

糸だらけになったり針が折れたり、

わいわいがやがやしているなか

私は黙々と、すたすたすたーっと、

なぜだかできてしまったのです。

 

もともと図工などものづくり的なことが好きだったので

これはきたーーー!と思いました。

 

その年、夏休みの自由研究で

母のミシンをかりてラップスカートを作ったのが作品の第1号。

 

でしたが、

このはじめての洋服作りで

授業では一生やらないであろう縫い方や

パターン作りにぶち当り、

みるみるテンションは下がっていきました。笑

 

洋裁をするときには、

必要な生地の大きさや、縫いしろや、タックや、

いろーーーーーんなことを計算しながら

特殊な定規などを使ってパターン用紙に製図してゆくのです。

 

そしてできあがったパターンに合わせて生地を裁断し

順番に縫い合わせ、形を作ってゆきます。

 

が、

このパターンを作るというこの作業が

私には耐えられませんでした。笑

 

「ものづくり」と「緻密な計算の作業」は

イコールではありませんでした。笑(私には)

 

ということで、

私が洋裁をするときにはとてつもなく手抜き工事となりますが、

ノーパターンで行います。笑

 

きっと、しっかりと製図をしていらっしゃる方々からは

とんでもないやつだと思われるかもしれませんが、

自分で作って、自分で着て、自己満足の世界なのでお許しください。

 

f:id:maktoob:20181126130955j:plain

 

今回はソレイヤードの花柄バギーパンツと

ギンガムチェックのワンピースを作りました!

 

その1.

生地屋さんで買った生地に、

もともと持っているお気に入りのバギーパンツを当てがいます。

 

その2.

そのまわりを囲むように

1センチくらい縫しろ分の余裕をもって

チャコペンで線をひいてゆきます。

 

その3.

チャコペンに沿って生地を裁断してゆきます。

必要な部分すべてこの要領です。

 

その4.

本物のバギーパンツをよく観察しながら

それをまねして、裁断した部分たちをミシンで縫っちゃいます!

 

たまに自分の体に合わせてみて

サイズ感を調整しながら縫ってゆきます。

 

まあ、こんなかんじなので

あんまり難しい技術を必要とするものは作れませんが、

今回は、このソレイヤード柄のバギーパンツがあったら絶対にかわいいのになぁ...

と思って作ってみました♪

 

買い物をしていて、

あんな柄のこんなのがほしいけど

みつからないな〜なんてときは、

生地屋さんへ行って作っちゃいます!笑

 

自己満クオリティなので

あんまり内側はお見せできませんが、

外側からはバレないように努力しております。

 

f:id:maktoob:20181126131026j:plain

 

手縫いも好きなので

小さい小物はあえて手縫いで。

その縫い糸がいい味を出してくれたりします。

 

先月の沖縄旅行で

沖縄伝統の模様がプリントされた端切れを安く購入できたので、

何をつくろうか考え中です...。

 

 

こんなおおざっぱな私でもつくれそうなものがあれば、

ぜひ教えていただきたいです!

 

 

 

花子