花子のあれこれ

旅のこと、衣食住のこと、柴犬のこと、日々の写真、現在タイ旅行中

さんぽの秋

今日も清々しいお天気です。

リビングで愛犬の柴といっしょに太陽を浴びながら、

コーヒーと昨日いただいたいちじくのパン。

しあわせでございます。花子です。

 

 

愛犬の柴とのさんぽは、この時期とてもたのしいのです。

歩いていて暑くもなく寒くもなく、

公園では植物たちの季節の移り変わりを見ていくことができます。

 

柴もこの時期は活動しやすいようで、

公園では走りまわってはしゃぎます。

 

夏のさんぽでは、

「あづーい。もうだめー。かえりたーい。」

という様子で、帰宅すると私よりもぐったりです。笑

 

ちなみに、このブログトップのピンク色の画像は、

先日のさんぽで撮影したお花です。

ところどころ枯れているのがとても綺麗だなぁと♡

きっと満開のときも綺麗だったのでしょうが、

公園の端にひっそりといらっしゃったので、

最近まで気がつきませんでした。

 

f:id:maktoob:20181126112316j:plain

 

フランスのお花屋さんで働いていた友人に聞いたのですが、

日本人はより長持ちする花を好み、

枯れはじめると捨ててしまうけれど、

フランスのひとは「この花は枯れていく姿も美しいだろう」

というふうに買ってゆくそうです。

 

私はその感性がとてもすばらしいと思いました!

そして彼女は現在、

独立して日本でオートクチュールのお花屋さんを経営していますが、

枯れていく姿もたのしめるように工夫していると言っていました。

 

実際、彼女がお花で作った友人の結婚式のウェルカムボードは、

1年以上経過したいま、当時とはまた違った色や形に変化して、

友人宅のリビングで輝いています。

 

f:id:maktoob:20181126114049j:plain

 

そしてこちらは、

彼女のワークショップで私が作ったクリスマスボード。

枯れたときにどんな色になるのか、どれくらい縮むのか、

などなどアドバイスをもらいながら作りました。

こちらも1年経過して、完成当初とはちがう美しさが残っています。

 

さんぽが趣味なんて言うと、

老人かよーなんてことばが返って来ることが多々ありますが、笑

植物や空や鳥や、音や香り、日本の四季、

いろいろ感じてこころが満たされる、

私にとって充電の時間です。

 

f:id:maktoob:20181126113221j:plain

 

柴にとっては縄張り警備かな。

 

f:id:maktoob:20181126113112j:plain

 

 

さーあ!

今日はどの公園にいこうかな!

 

 

 

花子